KAWASHIN 100th SPECIAL SITEKAWASHIN 100th SPECIAL SITE

Menu
100周年まであと
日

かわしん×地域×るるぶTIE-UP

今年もいいことありますように♪
川崎のパワースポットで御朱印めぐり

厄除け

川崎市にはたくさんのご利益スポットがあるのをご存知ですか?
その代表である川崎大師平間寺は全国でも有名なパワースポットです。
厄を払って身を清めた後は、御朱印をいただいてハッピーな一年を迎えましょう。

厄除けのお大師さまとして
有名な川崎大師平間寺へ

「もろもろの災厄をことごとく消除する厄除けのお大師さま」として霊験あらたかなことで知られ、成田山新勝寺、高尾山薬王院とともに真言宗智山派の大本山の古刹。文化10年(1813)には11代将軍徳川家斉が41歳の前厄にあたり厄除けのため公式参拝したことから、関東はもとより全国から信仰を集めることになりました。京急大師線川崎大師駅から歩いて8分ほど、川崎信用金庫大師支店からもすぐの場所にあります。

川崎大師平間寺
広々とした境内に鎮座する大本堂

大山門をくぐると目の前に大本堂があります。堂内にはご本尊厄除弘法大師が安置され、ご本尊の前では護摩木を焚いて煩悩を焼き清め、大厄を払うお護摩祈祷が行われています。大本堂右側に受付所があるので、お護摩祈祷で身を清め、家内安全、商売繁昌、健康長寿などを祈願するのもいいですね。

やすらぎ橋
つるの池に朱塗りの美しい橋が架かります

青空と五重塔を背景にした「やすらぎ橋」は境内で一番「映える」場所。災難を除き、幸福を招くといわれる朱色に塗られ、欄干には悟りへ向かう階段を表す種子(梵字)が刻まれています。やすらぎ橋を渡ると黄金に輝く降魔成道釈迦如来像、その先の薬師殿へとお参りできます。

薬師殿
境内で唯一、異国情緒あふれる建物です

やすらぎ橋を渡るとインド風の多塔式建築、薬師殿が目に入ります。開創880年の記念事業として、平成20年(2008)に開設。堂内には、薬師瑠璃光如来像と十二神将のほか、薬師瑠璃光如来のご分身である「なで薬師」が安置され、体の不調な場所をなでることで健康を祈念できます。

美しい天界の様子を見ることができます

経蔵

大本堂の手前にある経蔵は、ぜひ、立ち寄りたい場所。ここには中国最後の木版大蔵経「乾隆版大蔵経」7240冊が収蔵されています。天井の中央には青龍・赤龍を描いた丹青画「双龍」その周りを囲む四面には音楽を奏で、華を撤く天女を描いた仏画「飛天」を見ることができます。極彩色で描かれた艶やかな世界を見上げると、しばし時間を忘れてしまいます。

見事な筆運びに見とれてしまいます

筆運び

川崎大師では大本堂、不動堂、薬師殿、護持志納受付所(大本堂と同一)、自動車交通安全祈祷殿の5カ所で御朱印をいただくことができます。今回、大本堂でいただいた御朱印には「厄除遍照殿」とあり、これは厄除弘法大師さまをお祀りする大本堂を意味します。厄除弘法大師さまのご利益のもとで、軽くなった心身を感じながら境内を後にしました。

DATA
川崎大師平間寺
●かわさきだいしへいけんじ
住所:川崎市川崎区大師町4-48
電話番号:044-266-3420
料金:参拝無料
時間:境内自由(大本堂は4〜9月は5時30分〜18時。10〜3月は6時〜17時30分、ただし21日は5時30分〜17時30分)
休み:無休

異国情緒あふれる瀋秀園で
のんびりおさんぽ♪

川崎大師平間寺のすぐ隣にある大師公園は、野球場やテニスコート、芝生広場などがある公共の公園です。一角にある瀋秀園は中国の瀋陽市と川崎市の姉妹都市提携5周年を記念して造られた中国式自然山水庭園。瓦や石、材木は中国産も使った本格的なもので、池を取り巻くように回廊や極彩色の楼閣が点在し、中国映画の世界に迷い込んでしまったかのようです。2月には梅、夏にはハスなど季節ごとに異なる花風景も楽しめます。

瀋秀園
瀋陽のすばらしい景色を集めた庭園

DATA
大師公園・瀋秀園
●だいしこうえん・しんしゅうえん
住所:川崎市川崎区大師公園1
電話番号:044-276-0050
料金:入園無料
時間:9〜16時
休み:月曜(祝日の場合は翌日)

『ほかにもある 
御朱印を受けられる川崎市の古社』

勝利と調和の神様を祀る
稲毛神社でパワーチャージ

地元で「山王さま」とよばれる鎮守様。主祭神の武甕槌神をはじめ、四柱の神様を祀り「勝と和」をご神徳としています。境内には樹齢千年といわれる御神木大銀杏があり、江戸時代の東海道の旅人からは「山王様の大銀杏」とよばれていたそうです。

境内の奥に拝殿・本殿があります

経蔵

現在の社殿は昭和38年(1963)に新築されました。社殿を守るように鋭い眼光で災厄を払うと伝えられる「天地睨みの狛犬」(籔内佐斗司氏作)が安置されています。上半身について願い事がある人は右の狛犬を、下半身について願い事がある人は左の狛犬を撫でてから参拝するとよいのだそう。

天地睨みの狛犬。
今にもとびかかりそうな左側の狛犬

筆運び

境内には詩人・作詞家の佐藤惣之助の詩碑があります。川崎出身の佐藤惣之助は、代々、本陣職を務めた佐藤家に生まれ、大正から昭和にかけて詩人や作詞家として活躍しました。生家跡には現在、川崎信用金庫本店が建ち、そちらでも「佐藤惣之助生誕の地碑」が見られます。

御朱印
新年もまずは健康第一でと気合が入ります

御朱印は3種類あり、今回は「健勝堅固」の言葉をお願いしました。お正月には有名人慈善絵馬展が行われ、画家、書家、芸能人など各界で活躍する有名人の手による絵馬が展示されます。

DATA
稲毛神社
●いなげじんじゃ
住所:川崎市川崎区宮本町7-7
電話番号:044-222-4554
料金:参拝無料
時間:境内自由(祈祷受付などは9〜17時)
休み:無休

白幡八幡大神で勝利を祈願
源氏ゆかりの鎮守様

源頼義が奥州征伐での勝利を祈願し、使命を果たしたことに感謝して、康平4年(1061)に創建したと伝えられています。後に源頼朝が鎌倉八幡宮から御霊分けして再建し、徳川家康からも甚大な保護を受けていたといわれる由緒ある神社です。

白幡八幡大神
日が当たり開放感あふれる神社です
鳩の図柄
細やかな部分まで注目してみましょう

駅から離れた閑静な場所にあり、境内には澄んだ空気が流れています。現在の社殿は昭和48年(1973)に再建されたもので、屋根の主棟鬼飾りには神の使いとされる鳩の図柄を見ることができます。

御朱印帳

これで本日の御朱印めぐりは終了です
拝殿の右側にある御神札授与所で御朱印をいただけます。3月初卯の日には初卯祭が行われこの日には鳥居の上部に藁で作った3mほどの大蛇が飾られます。また、7月と9月の第3日曜には例祭が行われ、代々、神主が舞う禰宜舞が奉納されます。禰宜舞は徳川家康が関ヶ原出陣の戦勝祈願のために太々神楽を興行させたのが始まりとされ、現在は川崎市の無形文化財にも指定されています。

DATA
白幡八幡大神
●しらはたはちまんだいじん
住所:川崎市宮前区平4-6-1
電話番号:044-977-5639
料金:参拝無料
時間:7〜17時前後
休み:無休

企画・編集/株式会社JTBパブリッシング
※この記事のデータは2021年12月27日現在のものです。